HOME > TECHNIQUE > TECHNIQUE_1

❖シーリング施工 【新商品
シーリング防水とは建築物の大原則の一つ、雨風をしのぐと云う重大な工事の一つであり、また、その外観を美しく見せるという側面も持っています。
墓石工事においても、劣化の大敵である雨水を内部に侵入させないと言う要の工程である事に間違いありません。

近年はシーリング材や樹脂・ゲル等、作業場にてごく当たり前に使用されています。
樹脂・ゲル等は主に内部に用いられ、耐震や免震にの役割を果たしています。
シーリング材は内・外部に用いられますが、上記記載の写真のようにしっかりとした施工が必要になります。
又、施工対象の材質によってシーリング材の適正も変わっていきます。
その時々で適切な選択が必要になりますので注意が必要です。

地震に強いお墓の建立に重要なのは①地盤 ②基礎 ③石と石との接合部重要とされております。
弊社は③の接合部のシーリング(コーキング)専門工事会社です。
弊社では、独自の耐震システムを開発しその技術も含め勉強会を実施し、石材店さんをサポート致します。
昨今 日本石材産業協会さんや各協会さんからも、施工基準の策定のお話が出てまいりました。石物に対する個々のルールや墓石、石灯籠などの建立に施工基準が無いから、価格がどんどん値下がりしている。しかも施工もでたらめでは(安かろう、悪かろう)施主が可愛そう。と言った声が徐々に大きくなって来ております。たとえいか様な基準値が策定されようとも、弊社は先駆けて基準値を設けており、弊社の推奨する 多少の経験があれば、正確に施工が出来る 講座を受講すれば簡単に応用出来ます。
※明確な数値の根拠により、この様な本格的取り組みによる講座は全国初の試み

受講内容と受講時間(会場は御会・御社指定にて)
 AM9時〜PM4時ぐらい(時間は人数により変動)
 1日の受講になります。各自ご持参下さい(筆記用具、メモ帳、タオル、軍手など)

午前の部
 シーリング材の効果と安全率での適正使用量の数値
 テープの貼り方実習
 シーリング施工の実技講座
 ※石廃材(角、丸角4個)が有れば不揃いでもかまいませんので、お願いします。

午後の部
 実施施工 実際に自分の目で確認し施工をして頂きます。
 ※方法は弊社独自の施工台にて施工して頂きます。
 (講座には、シーリング一級技能士又は弊社が認めた職員が指導します。)

料 金
 5〜10名様/1人5,000円  10〜20名様/1人4,500円  20〜30名様/1人4,000円
 ※交通費、宿泊代(関東外の方)別途打ち合わせのうえ、決定をお願いします。

 下記の「お問い合わせ」にてご質問・お見積もり依頼など、お気軽にご相談ください。

sign.pngsign.png

❖シーリング勉強会の様子 <愛知県岡崎市 矢田石材店様>

b_01.jpg学技の様子
b_02.jpg半実技の様子
b_03.jpg実技の様子
b_04.jpg集合写真
b_05.jpg後日、寄せ書き頂きました

 現地再受講 
<栃木県下野市 石の北正様>

<栃木県宇都宮市 みのわ石材店様>

minowa.jpgみのわ石材店様

sign.pngsign.png