HOME > TECHNIQUE > STANDARD

kijyun.jpg

 昨今、頻発する大地震。ここで報道される被害は家屋の倒壊やライフラインの寸断。又は食料の不足、衛生面の不安などが主なところでありましょう。

 そんな中で、わたくしが注目していただきたい事象の一つが『お墓の倒壊』です。
 これは、震災直後は映像、画像を媒体として確かに伝えられ、相当な被害が出ていると推測される事の一つです。
 しかしながら、先に挙げた生活に直結する物を優先するあまり、とかく忘れがちである。

 この、お墓の倒壊による被害。どこかで補償して貰えるのでしょうか?
 答えは〝 否 〟です。
 家屋であれば保険が掛けられているでしょう。食料やライフラインであれば、自治体等で援助して貰えるでしょう。しかしお墓にはそのようなものは無く、各個人が全て負担しなくてはなりません。復旧、復興には各ご家庭の鑑となるお墓は欠かせませんから。
 2016年4月に起きた熊本地震を例に挙げますと、熊本市の市営墓地7ヶ所で10,300基のお墓が倒壊しました。被害の大小はあれ、1基当たり数十万円からの負担と考えると、これだけでも数十億円に上がります。
 その他、新潟、長野、東北など、全国的に見てみると、この十年余りで数百億円の被害が出たのではないかと考えます。

 私は数年前より地元の自治会でお寺の世話人の役を引き受けることになりました。それからしばらくして、東日本大震災が起きました。内陸であったので津波の被害はありませんでしたが、震度6弱の揺れは大きな被害をもたらしました。
 お寺の世話人ですから、被害が心配で確認に向かうと、倒壊したものや、崩れたことで隣のお墓を巻き込んだものなどを目の当たりにすることになりました。

 まず始めに、現状の確認と情報収集をしていきました。
 そこで判ってきた事は、耐震または免震ということに対して、取り組んではいるものの数値としての根拠と技術が存在しない事でした。

 製品として各方面から発表されている物は、それを使わなかった場合と比べれば確かに〝 耐震 〟であり〝 免震 〟なのでしょう。
 しかしながら、使ったから〝 倒れない 〟ではないのです。

 私は、この現実に対処すべく今まで培ってきた知識と技術で耐震補強が出来ないかと考えました。
 長年建築業界で仕事をさせてもらっていますが、建築業界は阪神・淡路大震災以降、建築基準法が大きく改定され耐震や免震に対して確かな基準が定められています。
 そこで、この基準法に照らし合わせて材料を選定し、施工方法を検討する事で倒壊を防げる技術を考案しました。

 数年間の試行錯誤の末にシステムを構築し、墓石を取り扱う施工店様にお話をさせていただく日々が続きました。が、なかなか伝わりづらく理解されないでいました。
 そんなある日、ある建築石材会社の社長より、『墓石には基準がないんだよ』と聞かされました。
 『はっ』としました。
 伝統といえばそれまでなのですが、墓石職人の長年の経験のみによって建立されているということで、そこにはその人個人(または会社)レベルの決まり事しか存在しないということです。
 これでは倒れないお墓は建てられない。現に倒れているものがほとんどである。

 では、倒れないお墓を建てるにはどうすればいいのか?
 建築のみならず、製造業や食品加工等々、多くの業界において少なからず基準が策定されています。
 この地震大国ににおいて、先に述べたような大きな被害を出しているお墓に対して何らかの基準は必要ではないだろうか?
 基準が一つ出来る事でその先にある課題に対して理解が深まるのではないだろうか?

 幸い、墓石倒壊による人的被害は報告されていませんが、いつ起こるとも限りません。
 起こってからでは遅いのです。

zehi.jpg

g_title.png

 皆さんは、インターネット等で、耐震PRの動画を目にした事が有るかと思います。見た目には確かに成立しているかのように見えます。
 当社は墓石を建築物ととらえ、一個の構造物とすることで、建築基準法構造計算をもとに考え出した工法です。
 現在は接着剤として使われている、エポキシ樹脂、石材専用シーリング材は、モルタルより性能に優れ、ほとんどの石材店で使用されています。
 しかしながら、施工の不備経験不足などから優れた性能を生かしきれずに使用されているものが多く見受けられます。
 そこで当社は、経験の少ない方でも『正確に耐震施工を可能』を定義とし、『キーパーⅡ』を開発しました。

 1) 簡単で確実な作業性(もちろん安全作業も含み)を重視し、規定の
材料を充填する事により、に頼った作業での必要以上の材料充填
なくし、コストの削減にも繋がる。

 2) 特殊な素材を使用する事により重たい石材が重なっても耐震用の材
料が飛散せず、内部にて材料のスムーズな移動を可能にし、環境
も適した施工方法。

image01.jpg

  上図の様にエポキシ樹脂や石材用シーリング材、どちらもクリアーしている。

 3) 弾性エポキシ樹脂使用の安全率→   15倍
石材専用弾性シーリング材使用安全率→8倍
が可能になり耐震等級Ⅲもクリアーしている。

sign.pngsign.png