HOME > GRAVESTONE

ohakaenoomoi.gif

墓石とは連綿と家系が繋がってきた証であり、先祖を敬う実証であると共に、さらに続く将来への礎としてその家系の根幹を成すものである。当社は過去への敬意と、これから未来を担っていく子孫達へとこの大切な墓石を引き継ぐ事に重きを置きたいと考えている。
地震や災害で墓石が倒壊すると言う事は家族への鑑を失う事でもあり、甚大な自然災害が発生しても各々の家の鑑が壊れる事無くまた明日へと繋がって行く事が最も重要である。
だからこそ私は、お墓を守ることが子孫繁栄への手助けであると捉えている。

今回の商品開発に至った経緯
2008年、考案者である私が地元自治会の寺世話人の役を引き受けました。仕事の合間に自治会の仕事をこなしながら過ごす日々の中、2011年3月の東日本大震災が到来しました。
当地域では震度6弱の長い揺れ…収まって来ると段々にお墓が心配になり、確認すべくすぐさま現地に赴きましたところ、当時墓石は多少のズレが生じていましたが、幸いな事に倒壊は免れていました。が、周辺の墓石の多くは全・半倒壊し、倒壊した多くは竿石もしくは中台から崩れ、地に落ちているのはもちろんの事、辺りを巻き込む倒壊など、ひどい光景を目の当たりにしました。
墓石が倒壊してしまった方々が建設業に携わる当社に相談を持ち掛けられる事が増え『30年以上スーパーゼネコンの下で数多くの現場を経験し、得た知識・技術で私くしに墓石の補強が出来ないか』と考え始めたのがキッカケでした。

耐震システム
開発に当たり資料集めに奔走し、大手メーカーの助力を得て、メーカー協力の下、約1年半掛けてクレーンのない我々でも耐震補強が可能であることをコンセプトに墓石キーパーⅠを開発しました。
 1. 墓石耐震『墓石キーパーⅠ』(特許取得)

新商品(耐震システム)
ご家庭の鑑となるお墓を大地震にる倒壊から1軒でも多く防ぎたい!!
『墓石キーパーⅠ』はシーリング技術を元に開発した為、多少なりのシーリング工事の経験が必要となります。それではマスコミで報道されている、南海トラフ等の大地震に備えるにはあまり時間が無いように思えた。誰でも簡単に施工できる工法が必要だと思い、更に2年半試行錯誤の結果、一定の技術指導を受けた方なら正確な施工が可能であるをコンセプトに次の商品墓石キーパーⅡを開発しました。
 2. 墓石耐震『墓石キーパーⅡ』(特許出願中)

シーリング
シーリング施工も当社が提唱する技法で、一定の技術指導を受けた方なら、正確な施工が可能である、を開発しました。

利点
キーパーⅡは耐震設置後のシーリング施工が可能になり、コスト削減に成功しました。

商品提供
1)システム提供
 (独自のシステムにて、正確な施工が出来る)
2)シーリング技術提供
 (勉強会実施中)


tokkyo.png

sign.pngsign.png